「即日融資は審査に通りやすい、甘い」は本当なのか?

キャッシングを申し込んだその日に融資が受けられる、そんな便利なサービスが「即日融資」です。そんな即日融資に対して「審査に通りやすい」や「審査が甘い」といったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では「即日融資は審査に通りやすい、甘い」は本当なのか、審査が甘いキャッシング業者の危険性について詳しく解説します。

①即日融資は本当に審査に通りやすい?甘い?
②即日融資で審査は何のためにある?
③審査なしの即日融資を利用しても大丈夫?

即日融資は審査が甘いは嘘

即日融資であれば、審査が甘い・通りやすいというわけではありません。通常のキャッシングと同じ基準で審査が行われます。

そもそも審査が行われる理由は、法律で審査をすることが定められているためです。消費者金融などの貸金業者は「貸金業法」という法律に則ってお金を融資しています。貸金業法とは、多重債務者を減らすように様々な制限を設けた法律です。

その貸金業法の中に「総量規制」というものがあります。これは年収の3分の1を超える貸し付けを禁止するというものです。例えば年収300万円の人がいるとすると、貸し付け上限は100万円までです。これは1社だけでなく、全てのキャッシング業者からの借り入れの合計金額となります。

この総量規制に触れると、消費者金融などの貸金業者は処罰の対象となります。そのため、審査で収入や返済能力について詳しく確認するのです。

即日融資だからといって、審査が甘くなるわけではありません。

審査なしで即日融資を受けるのは危険

上記で説明したとおり、消費者金融をはじめとした貸金業者は、必ず審査を行なっています。しかし中には「審査なしで即日融資」そんな謳い文句を掲げている業者もいます。これらは闇金の可能性が高いため、絶対に避けるようにしましょう。

闇金と関わることで、生じるデメリットは大きく分けて3つです。

  • 法外な金利で貸し付けられる
  • 悪質な取り立てにあう
  • 詐欺や犯罪に巻き込まれる

それぞれのデメリットについて、詳しく解説します。

法外な金利で貸し付けられる

消費者金融などの貸金業者は、貸金業法に則り「上限金利20%」の範囲内で貸し付けを行なっています。これ以上の金利は、法律違反となり禁止です。

しかし闇金であれば「トゴ」や「トイチ」といった、法外の金利で貸し付けを行う場合が多いです。このような金利でお金を借りてしまうと、利息だけで膨大なお金を支払わなければなりません。結果的に元本が減らない、もしくは借金が膨れ上がり、返済不能に陥る可能性が高いため危険です。

悪質な取り立てにあう

闇金の中には、悪質な取り立てを行う業者もいます。親や親戚、場合によっては勤務先まで取り立ての電話が来たという事例もあります。

こうなると精神的に追い詰められ、法外な金利であっても返済を行なってしまうという人が多いです。

詐欺や犯罪に巻き込まれる

一度、闇金からお金を借りると「闇金リスト」に登録されてしまいます。このリストに登録されてしまったせいで、ほかの闇金業者や詐欺グループから電話やダイレクトメールが届き、勧誘されるという事例があります。

闇金や詐欺グループは、個人情報を共有している可能性が高いです。そのため、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があり危険です。

審査なしのキャッシング業者は闇金の可能性が高いため注意が必要です。

闇金を見分ける方法

闇金を見分ける方法は、以下のとおりです。

  • 登録業者か確認する
  • 貸し付け条件が法外でないことを確認する

特に登録業者であるかどうか気を付けましょう。貸金業者は、貸金業をはじめる前に登録を義務付けられています。もし登録されていない場合は、確実に闇金であるため注意が必要です。

登録業者であることは「登録貸金業者情報検索サービス」を利用するか、財務局又は都道府県へ確認することで分かります。少しでも怪しいと感じたら、調べることを徹底しましょう。

闇金であるかどうかは、登録業者であること・貸し付け条件が法外でないことを確認することで分かります。

まとめ

・即日融資だからといって審査が甘いわけではない
・審査なしのキャッシング業者は闇金の可能性が高く危険
・闇金を見分ける方法を知って、安全なキャッシングを

即日融資だからといって、審査が甘いわけではありません。審査基準は普通の融資と変わりがないためです。

世の中には、審査なしで即日融資を受け付けているキャッシング業者もあります。それらは法外な貸し付けを行う闇金業者の可能性が高いため、絶対に手を出さないように気を付けましょう。

闇金の確認方法は、登録業者・貸し付け条件を見ることで分かります。少しでも怪しいと感じたら、調べることを徹底しましょう。