即日融資の審査基準とは?審査に通るポイントを解説

キャッシングの申し込み日に融資が受けられる「即日融資」。即日融資を希望するには、申し込み日に審査に通過しなければなりません。そのため、審査基準や審査に通るポイントを知っておくことは重要です。

この記事では、即日融資の審査基準や審査に通るポイントについて、詳しく解説しています。

①即日融資の審査基準
②即日融資の審査に通るポイント
③そのほかポイント

即日融資の審査基準とは?

各キャッシング業者は、業者ごとに独自の審査基準を設けています。しかし即日融資に限らず通常の融資であっても、業者は審査基準を公表していません。しかし一般的に、審査で見られるポイントは「属性情報」と「信用情報」の2つといわれています。

属性情報とは年収や勤務先、家族構成といった申し込み者に関する情報を指します。年収が高かったり勤続年数が長かったりすると、属性が良いと判断され審査に通りやすくなります。

信用情報とは、借入れ履歴や金融事故記録など、申込者の貸し借りに関する情報です。信用情報は信用情報機関に記録されていて、共有されています。過去に滞納や債務整理などをしていると、審査に通りにくくなります。

各キャッシング業者は、審査基準を発表していません。一般的に審査では、属性情報と信用情報がみられます。

即日融資の審査に通るためのポイントとは?

即日融資を希望するなら、審査を早く終わらせてもらうことが重要です。そのために意識したいポイントは以下の4つです。

  • 必要な書類をすぐに提出できるようにする
  • 申請内容に不備がないようにする
  • 借入希望額を少なめにする
  • 在籍確認に対応できるようにしておく

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

必要な書類をすぐに提出できるようにする

審査に必要な書類は、すぐに提出できるようあらかじめ用意しておきましょう。即日融資希望時に必要な書類は、運転免許証やパスポートといった「身分証明書」です。

下記に該当する場合は、源泉徴収票や給与明細書といった「収入証明書」も必要となります。

  • 借入希望額が50万円を超える
  • 借入希望額が他社と合わせて100万円を超える

収入証明書をとっさに用意するのは難しいため、上記に該当する人は気を付けてください。

申請内容に不備がないようにする

申請内容に不備があった場合、審査が長引いてしまいます。最悪の場合、審査に落ちてキャッシングができないこともあるため、不備のないように確認してから提出しましょう。

中には、キャッシングをしたいからと年収や他社からの借入れをごまかす人もいます。これらの嘘は審査の過程で高確率でバレるため、虚偽の申請は絶対に行わないようにしましょう。

借入希望額を少なめにする

キャッシングの審査では、申し込み者に十分な返済能力があるかどうかが確認されます。そのため借入希望額が多ければ多いほど、より慎重に審査が行われる傾向にあります。

慎重な審査にあたって、多くの審査時間が必要となったり場合によっては追加の書類提出が求められます。借入希望額はできる限り少なくすることが即日融資、ひいては円滑な返済のポイントです。

在籍確認に対応できるようにしておく

審査の一環として行われる在籍確認では、申請者が職場に実際に在籍していることが確認されます。多くのキャッシング業者は在籍確認を電話で行なっています。土日の即日融資であれば、職場が休みの場合も多いため注意しましょう。

また事前に連絡することで、在籍確認を書類で行ってくれるキャッシング業者もあります。電話が不安な人は、申し込み前に相談してみましょう。

即日融資を受けるためにも、審査を円滑に進める4つのポイントを意識しましょう。

審査対応時間も意識しよう!

先述したポイント以外にも「審査対応時間」も、意識する必要があります。各キャッシング業者は1日のうちに審査に対応する時間を定めていて、これを超えると審査が翌営業日に回されてしまいます。代表的なキャッシング業者の、審査対応時間は以下のとおりです。

上記の審査対応時間内に審査が間に合うように、できる限り早め、できれば午前中に申し込んでおくことがおすすめです。

審査対応時間があるため、できる限り早めに申し込むことをおすすめします。

まとめ

・即日融資の審査では、申請者の属性情報と信用情報がみられる
・即日融資の審査に通るためのポイントは4つ
・各キャッシング業者の審査対応時間にも気を付けよう

各キャッシング業者は、即日融資の審査基準を設けていません。しかし一般的に、審査では属性情報と信用情報がみられるとされています。

即日融資の審査に通るためのポイントは、必要な書類をすぐに提出できるようにする・申請内容に不備がないようにする・借入希望金額を少なめにする・在籍確認に対応できるようにする、の4つです。さらに各キャッシング業者が定める、審査対応時間も意識しましょう。