キャッシングの審査について

キャッシングの審査に落ちる人には共通点があった!

キャッシングの審査基準は、実はあまり知られてはいません。というのも、クレジットカード会社同様、明確な審査基準が消費者金融からは表立って公開されてはいないからです。

 

ですが、審査に通りやすい人と、審査に通りにくい人がいることは事実ですし、審査に落ちる人には共通の特徴があります。

 

このページでは、キャッシングの審査基準についてを徹底的に解説いたします。

キャッシングの審査に通過しやすい職業は?

キャッシングの審査に通過しやすい職業は?

 

消費者金融に審査基準を聞いたとしても、なかなか答えてくれるということはないでしょう。ですが、審査に通るために必要な条件というものも、当然ながらあります。

 

まず、第一に、安定収入を得ていることです。

 

基本的に、会社員であり、正社員を長年続けているようでしたら、審査に落ちる確率は低いでしょう。もちろん、契約社員や派遣社員でも審査に通ることはできますが、やはり信用という部分では正社員の方が有利ということは事実です。ちなみに、正社員が有利だとは言っても、最低でも1年以上は勤めていなければ厳しいでしょう。

 

これは、考えてみればわかることですが、消費者金融もボランティアでお金を貸してくれるわけではありませんので、返済能力がある方にこそ利用してほしいのです。

 

ですが、会社員でなくても、アルバイトをしているフリーターや、パートをしている主婦の方でもキャッシングを利用することは可能ですが、当然ながら、会社員と比べれば借りることのできる金額は低くなります。ちなみに、個人事業主の方も、安定収入を得てない以上、利用すること事態は可能ですが、会社員ほどの金額を借りることは難しいでしょう。

 

なお、無職の方や生活保護を受けている方、年金受給者の方に関しては、キャッシングの審査は落ちやすく、審査に通る確率は極めて低いと言えるでしょう。

 

会社員でもキャッシングの審査に通らない場合には?

会社員でもキャッシングの審査に通らない場合には?

 

会社員を長年勤めており、安定収入を得ているにも関わらず、審査に落ちる方には共通していることがあります。

 

それは、今までに返済の遅延などの、事故歴があることです。

 

これも当然のことなのですが、過去に返済が遅れた方に対しては、どうしても審査は厳しくなります。やはり、返済能力のない方には、お金を貸したくないのが当たり前のことなのですから。

 

また、貸金業法において、年収の3分の1以上は貸出してはいけないことになっています。そのため、他社の消費者金融より年収の3分の1以上を借りている方は、お金を借りることはできません。

 

この場合には、まずは借りたお金を返済することを第一に考えなければなりません。

 

専業主婦はキャッシングの審査に通るのか?

専業主婦はキャッシングの審査に通るのか?

 

あなたが専業主婦だったとしても、アルバイトやパートなどから安定した収入を得ているようでしたら、キャッシングを利用することは可能でしょう。

 

ですが、もしもあなたが安定した職業を持っていない場合には、配偶者、つまり夫の収入が安定している必要があります。夫婦そろって安定収入を得ていないようでしたら、残念ながら利用することは難しいでしょうが、配偶者貸付という制度を利用することができます。

 

この配偶者貸付とは、夫婦の収入を合算して、その合計した年収より、3分の1を借りることができるというシステムです。

 

そのため、もしもあなたが収入のない専業主婦だったとしても、配偶者である夫が安定収入を得ている場合には、キャッシングを利用することができますので、ご安心ください。

 

はじめてでも失敗しない優良キャッシング情報

 

はじめてでも安心のキャッシング・カードローンはこちら!

 

【はじめてでも安心】キャッシングNAVI〜全国版〜のトップページへ

キャッシングの基本や全国のキャッシング情報を知りたい場合には、トップページから詳細をチェックしてみてください。