キャッシングの返済が遅延した場合には

キャッシングの返済遅延と信用情報機関の金融事故歴とブラックリスト

キャッシングの返済が遅延した場合はどうなるかご存知でしょうか?

 

昔のドラマみたいに、黒服の怖い人が借金の取立てに来るということはないでしょうが、やはりそれなりのペナルティがあることは容易に想像できるでしょう。

 

ここでは、もしもキャッシングの返済が遅延した場合に、どのようになるかを解説します。

遅延損害金とは?

遅延損害金とは?

 

キャッシングの返済が遅れた際には、当然ながら利息を余分に支払うことになります。これは遅延損害金と呼ばれるものであり、支払いが遅れた日数によってどんどん返済金額が膨れ上がってしまうものです。

 

遅延損害金は年率20%にまで膨れ上がるものであり、通常の利息とは別に支払う必要があります。つまり、簡単に説明すれば、返済が遅れるたびに、支払い金額がどんどん大きくなっていくということです。

 

そのため、返済が遅れてしまった場合には、早急に返済をすることによって、少しでも延滞損害金を減らす方が賢明でしょう。

 

もちろん、期間内に返済するのが最も利息を少なくする方法ですので、うっかり返済日を忘れることのないように注意する必要があります。

 

ブラックリストは存在するのか?

ブラックリストは存在するのか?

 

よく、返済が遅れた人はブラックリストに載ると言われますが、ブラックリストとは、いわゆる金融事故を起こした人が、事故者のリストに載ることを指します。

 

なお、ブラックリストという名前のデータは実は存在しません。ですが、キャッシングやクレジットカードを利用している人のデータは信用情報機関というところに残ります。

 

ようは、誰がどの会社からキャッシングを利用して、それをきちんと返済しているかというような情報です。

 

この信用情報機関の情報を元に、消費者金融は審査をしているわけなのですが、この信用情報機関に事故歴が載っている人に関しては、ブラックリスト扱いとなってしまい、審査に通りにくくなるということがあります。

 

ただし、数日返済が遅れた程度では、事故歴が残るということはないようですが、あまりにも長期に渡って返済がない場合には、当然ながら事故歴が記録されることになります。つまり、悪質だと判断された場合に、事故情報が記録されるということです。

 

事故情報が記録された場合には、キャッシングの審査は当然ながら厳しくなることになりますし、クレジットカードも作ることが困難になり、さらにローンを組むことも難しくなります。

 

そのため、もしも返済が遅れた場合には、決してそのままにせず、早急に返済をする必要があります。

 

金融事故歴は消えるのか?

金融事故歴は消えるのか?

 

信用情報機関に事故歴が記録された場合、長期的にお金を借りることが困難になりますが、この事故歴は一生消えないわけではなく、5年ほどで事故歴は消えるそうです。そのため、一定期間が過ぎることによって、新たにキャッシングを利用することは可能です。

 

ですが、また返済の遅延を繰り返すようなら、ブラックリスト入りになる可能性がありますので、たとえ事故歴が消えたとしても、キャッシングは節度のある利用をしなければなりません。

 

ともあれ、一番良いのは絶対に返済を遅らせないということですので、キャッシングをご利用の際には十分に返済日に注意するようにしましょう。

 

はじめてでも失敗しない優良キャッシング情報

 

はじめてでも安心のキャッシング・カードローンはこちら!

 

【はじめてでも安心】キャッシングNAVI〜全国版〜のトップページへ

キャッシングの基本や全国のキャッシング情報を知りたい場合には、トップページから詳細をチェックしてみてください。